小川亭プロデュース:伝統工芸・信楽焼を極める旅

信楽芸術学舎

高橋楽齋プロフィール

【楽斎窯】

花器

五代 高橋楽斎 【楽斎窯】

1954(昭和29)~ 滋賀県甲賀市(信楽町)生まれ

五代高橋楽斎は、古信楽の作風を基調に、茶陶から花器や食器など幅広い仕事を手掛ける甲賀市在住の陶芸家である。
信楽を代表する陶家・楽斎家に生まれ、京都府立陶工専修訓練校と滋賀県立窯業試験場経て、父四代楽斎に師事し作陶を学ぶ。平成22年、五代楽斎を襲名。
楽斎窯の家業を守りながら、現在は個展や企画展を中心に活動している。
大壺に定評があり、信楽の土味や薪窯焼成の焼味を生かした、素朴で穏やかな作風に特徴がある。

1977(昭和52):荒川豊藏のもと[互窯会]を結成、大阪高島屋で「互窯会展」を開催
2001(平成13):「大信楽展-焼締めの美への憧れとその軌跡」 滋賀県立陶芸の森
2005(平成17):「湖国を彩るやきもの-滋賀の陶芸家たち」 滋賀県立陶芸の森

[個 展]
東京/三越本店、新潟/晴山、名古屋/丸栄、高島屋、大阪/高島屋、姫路/美術画廊美有、岡山/天満屋、北九州/小倉玉屋、福岡/博多玉屋、三越など

現在 信楽陶芸作家協会会員


花器 花 器 高橋楽斎の花器コースを見る

▲ページトップへ

イベントカレンダー

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
経済産業省
国土交通省
農林水産省
地域産業資源活用事業計画
認定