小川亭プロデュース:伝統工芸・信楽焼を極める旅

信楽芸術学舎

奥田英山プロフィール

【英山窯】

茶碗

奥田英山[英山窯]

1944(昭和19)~ 滋賀県甲賀市(信楽町)生まれ

奥田英山は、茶陶を中心に長年制作を続けている陶芸家である。
高校卒業後、信楽で製陶業を営む実家で作陶技術を学ぶ。また、家業従事する一方で、故古賀健三(茶道文化研究所主宰)や東大寺長老故清水公照に師事し、茶陶の名器の美を探求してきた。現在は個展や企画展を中心に活動。茶人としての視点から、茶事への配慮が随所に行き届いた仕事に定評があり、土の調合などを工夫し、信楽の土味の良さを活かした作風に特徴がある。

 

1995(平成7):「滋賀の工芸 伝統のやきもの」滋賀県立近代美術館
2000(平成12):「滋賀やきもの探訪-信楽焼 伝統の技」滋賀県立陶芸の森
2005(平成17):「湖国を彩るやきもの-滋賀の陶芸家たち」滋賀県立陶芸の森

[個 展]
東京/三越本店、大阪/三越、セントラルギャラリー、アートギャラリー尾山
滋賀/ギャラリー陶園、京都/大丸、野村美術館、岡山/倉敷三越など

現 在  信楽焼伝統工芸士 信楽陶芸作家協会会員


茶碗 茶 碗 奥田英山の茶碗コースを見る

▲ページトップへ

イベントカレンダー

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
経済産業省
国土交通省
農林水産省
地域産業資源活用事業計画
認定