小川亭プロデュース:伝統工芸・信楽焼を極める旅

信楽芸術学舎

神崎継春プロフィール

【みはる窯】

酒器

神崎継春 【みはる窯】

1950(昭和25)~ 滋賀県甲賀市(信楽町)生まれ

神崎継春は、古陶信楽などの作風を中心に現代のうつわ像を追究している甲賀市在住の陶芸家である。
多治見工業高校の窯業科と専修科で作陶技術を学び、現在は「日本伝統工芸展」などを中心に活動している。料理の美しさを演出するうつわ制作に定評があり、焼締めをはじめ黄瀬戸や青瓷、藁灰など施釉陶器も幅広く手掛けている。なかでも、灰釉(ビードロ)とカセや焼肌の対比が美しい端正なうつわは、彼の代表的な作風として知られる。

1975(昭和50):「第22回日本伝統工芸展」
-以後出品「第2回信楽陶芸展」《佳作賞》-’76・’78《最優秀賞》
1981(昭和56):「 第10回日本伝統工芸近畿支部展」
-以後出品 ’01《滋賀県教育委員会教育長賞》
1995(平成7):「滋賀の工芸 伝統のやきもの」滋賀県立近代美術館
2001(平成13):「大信楽展-焼締めの美への憧れとその軌跡」滋賀県立陶芸の森
2005(平成17):「 湖国を彩るやきもの-滋賀の陶芸家たち」滋賀県立陶芸の森

[個 展]
東京/三越本店、ギャラリー創炎、赤坂・乾ギャラリー

現在 日本工芸会正会員 滋賀県工芸美術協会会員 信楽陶芸作家協会会員


酒器 酒 器 神崎継春の酒器コースを見る

▲ページトップへ

イベントカレンダー

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
経済産業省
国土交通省
農林水産省
地域産業資源活用事業計画
認定