小川亭プロデュース:伝統工芸・信楽焼を極める旅

信楽芸術学舎

学ぶ

大地の恵み 土と共に生きる


鎌倉時代から壷、茶碗、花器など戦後には火鉢や植木鉢など、

信楽焼はそれぞれの時代の生活に欠かせない焼物として発展していきます。

これらも信楽の地に眠る陶土が多くの恵みをもたらしました。

何種類かの土を配合、それぞれの土の特性を生かしながら

陶土から粘土へとなり、窯元へ送り込まれます。

それらの行程を今回の学び舎では見学することができます。


工程フロー図

 

(1)原土の貯蔵場所(木節粘土、蛙目粘土、実土などに区分して保管されている)

原土の貯蔵場所

 

(2)供給機のホッパに用途に応じて決められた原土の配合割合で投入する。

原土の配合割合で投入

 

▲ページトップへ

紫香楽(しがらき)が都?



1270年前5ヶ月の間(離宮時祭を含めると足かけ4年間)都が置かれた歴史あるまちです。
紫香楽京であったとき、奈良東大寺の大仏は、聖武天皇により最初は信楽に建立の工事が
なされ、全国から多くの寄進が届きましたが不穏な出来事が続き計画途中、都は平城京に
戻り仏像は現在の東大寺にて造立完成しました。

▲ページトップへ

イベントカレンダー

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
経済産業省
国土交通省
農林水産省
地域産業資源活用事業計画
認定