小川亭プロデュース:伝統工芸・信楽焼を極める旅

信楽芸術学舎

しがらきアートな学び舎について

[しがらきアートの学び舎]とは?

ほんまもんを極める信楽旅『しがらきアートの学び舎』は、信楽・窯元散策路の中心に位置する料理旅館 小川亭が企画プロデュースする「ほんまもん」を追求したい人のための宿泊・体験型のアートカレッジです。

創業120年、地域とともに歩んできた小川亭は、窯元散策路の中心に位置し、恵まれた環境にあることに感謝し、心からのおもてなし、地域食材を活かしたお食事、たぬき温泉などで「癒しの旅」を皆さまにご提供します。

豊な自然と、文化・歴史にめぐまれた陶都信楽でしか味わえない、「本格的で、大切なものを見つける信楽旅」をぜひ体感し、心身ともにリフレッシュしてください。

信楽・窯元の煙突

▲ページトップへ

『作る・知る・感じる』+『癒される』”信楽旅”の魅力

信楽の町並み 陶都信楽では、ここにしかない陶土、豊かな自然環境、信楽の暮らしの中から育まれる人とのぬくもりの中で、本場「ほんまもん」の有名作家による陶芸指導・歴史文化講義などが受けられます。
窯出し



この『学び舎』では 「信楽焼とお茶 信楽焼と自然の花 信楽焼と食」など、「作る・知る・感じる」ことを体験学習し、旅人と地域の私たちが一体になって伝統工芸にふれることで、お互いに価値観を高め、日々の暮らしや人生に「美・やさしさ・輝き・深さ」を体感頂けるでしょう。


▲ページトップへ

受け継がれていく恵みに感謝する

恵みに感謝する『しがらきアートの学び舎』
「人と人との絆を大切にし、大地の恵に感謝する」ということを大切に考えています。

参加いただいた方々には、信楽で受け継がれてきた、五つの恵みを感じていただき、日々の暮らしのなかに「美、優しさ、輝き、深さ」を取り戻していく感覚を 実感していただけるのではと考えています。


受け継がれていく恵み

▲ページトップへ

伝統工芸を極める旅

窯だし<『新しい暮らし』を考える〜>ことを基本に、信楽の大地に眠る陶土を使い、自然豊かな環境の中で、焼き物文化につながる歴史などの講義、信楽焼有名作家による親切な作陶指導、穴窯などの薪で焚く本格陶芸体験の指導などが受けられます。

指導は、すべて第一線で活躍する有名信楽焼作家・プロデューサーによる本格的なもの。
日本六古窯の神髄を思う存分、感じていただけるプログラムです。

赤く焼けた壺

[しがらきアートの学び舎]の講師陣 講師詳細はこちら⇒

奥田英山茶 碗
奥田英山
茶陶を中心に長年制作を続けている陶芸家
信楽焼伝統工芸士 信楽陶芸作家協会会員
神崎継春 酒 器
神崎継春
古陶信楽などの作風を中心に現代のうつわ像を追究している陶芸家
日本工芸会正会員 滋賀県工芸美術協会会員 信楽陶芸作家協会会員
高橋楽齋 花 器
高橋楽齋
古信楽の作風を基調に、茶陶から花器や食器などを手掛ける陶芸家
信楽陶芸作家協会会員
富増純一 茶伝統・技法
富増純一
壺久郎陶房設立者。信楽焼の歴史、調査、古陶器集保存に努め、
図録・書籍など著書多数。
信楽古陶愛好会会長、信楽焼伝統工芸士会会長
畑中英二 歴史・文化
畑中英二
滋賀県教育委員会文化財保護課勤務。
「信楽焼の歴史を知ろう」「陶郷信楽の原風景」
「信楽焼の歴史を探る」など、信楽に関するの著書多数
      

▲ページトップへ

プロデューサー

プロデュース 松井利夫松井利夫
プロフィール
1955年(昭和30) 大阪市生まれ。
1980年、京都市立芸術大学陶磁器専攻科修了。
八木一夫、鈴木治に師事。1981〜84年:イタリア政府給費留学生として国立ファエンツァ陶芸学校に留学。 1982年:第1回ALCOA コンクール 2位受賞(イタリア) 第40回ファエンツァ国際陶芸コンクール グランプリ受賞(イタリア)、他。
京都造形芸術大学大学院芸術環境研究領域 教授 国際陶芸アカデミー会員


小河文人【小川亭】小河文人
プロフィール
1955(昭和30年)生まれ。
小川亭五代目当主を23歳で継承、地域に関わりのある事業を仕掛けていくことを生き甲斐とする。
10数年前にイベントFMを立ち上げて以来、町の将来像を描きつつ「たぬき休むでぇー」「春の信楽アートな歩き方」「岡本太郎と信楽展」などのまちづくり事業を展開、現在信楽町観光協会副会長。

▲ページトップへ

窯焚きの後は・すき焼きが定番


何故・信楽で良い肉が食べられているのか?

その昔、登り窯を焼き続け ること1週間余り
窯上がりの後は「すき焼き」を食べ、労をねぎらったそうです。
ミスの許されない緊張感と、24時間・火の管理は
大変な重労働であったことは言うまでもありません。
そのご褒美が・牛や鳥のすき焼きだったと言われています。



おはよう朝日で小川亭が紹介された時の映像です。
残念ながら現在、牛刺身がをお出しすることは出来ません。

▲ページトップへ

イベントカレンダー

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031EC
経済産業省
国土交通省
農林水産省
地域産業資源活用事業計画
認定